Bloom Blog
プロフィール

bloom

Author:bloom
小澤かおり
東京の下町、森下から大月に移り住みはや7年。
花の仕事を続けたくて、フラワーデザイン教室ブルームを開きました。
花をとおして、いろいろな方と知り合いになれ、嬉しく思います。

最近の記事

最近のコメント

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スイートなプリザーブのアレンジ
ブログ更新が大変滞ってしまいすみません。
言い訳をすると・・・7月の初めから愛犬モカの夜鳴きに悩まされ、飼い主の気分は急降下・・・。昼間良く遊んであげたり、散歩を長めにしたり、休日はドックランに連れて行ったりと、あの手この手で対策を練り、やっと落ち着きました。これって1つの育児ブルー?
さて、言い訳はここまで、お花の話題です。
先日コモア四方津の体験レッスンで「プリザーブのパフェアレンジ」を作っていただきました。ガラスの器にカラーオアシスパウダーでフルーツソースをイメージした模様を作り、ピンク系の鮮やかなプリザーブのバラを配置。
アートのイチゴやラズベリー、シナモンを添えて美味しそうなアレンジが完成しました。
もう1つの作品は友人に頼まれた「結婚祝いのプレゼント」です。
ガラスのスタンド付器がおしゃれです。


20070731112755.jpg

20070731112834.jpg


水曜日、市民会館クラス
第2水曜日の午前中は大月市民会館でのクラスがあります。
クラス内で制作した2種のアレンジを紹介します。
一つは、アルミワイヤーにモスを巻きつけてフレームを作り、
それに花を貫通させてアレンジしています。
高く伸びやかな作品で、花の茎まで美しく見せるのがポイントです。
作品は大月の岸野さん制作です。
そして、まったく違う印象の、水が流れ落ちるような様子を花で表現するフリーセントデザインは、都留からいらっしゃる小林さんの作品です。
このエレガントなデザインはお好きな方が多いようです。20070622094600.jpg

20070622094632.jpg


和風モダンのアレンジ
ヨーロピアンスタイルの中には、日本の生け花がドイツの花の展覧会に紹介され、ヨーロッパのデザインと融合して出来たものがあります。
今日ご紹介するパラレル(並行)スタイルもその1つです。
横長の低い器に、茎と茎とが並行するようにリズム感良く花を配列します。
作品は丸山真里さんが制作しました。
菖蒲の葉のようなオクラレルカや枝もののリョウブ、ダイヤモンドリリーが和の雰囲気を作っています。

20070609142049.jpg


個性的な葉を使ったアレンジ
フラワーデザインでは吸水性スポンジを隠す為に葉(グリーン)は必需品ですが、カバーだけではなくインパクトのあるデザインを作る上でもお役立ちものです。グリーンにも色はもちろん形、大きさも様々なものがあります。
夏場の花が持たない時期はグリーンのみを組み合わせてアレンジすると涼しげでいいですね。
写真は同じ材料ですが、印象の違う作品が出来ました。
背の高い器は天野きよこさん、低いほうは鵜野さんの作品です。20070607210256.jpg

20070607210341.jpg


プリザーブのブーケ
土曜日クラスの富岡さんが、会社のお友達の為にプリザーブフラワーでお色直し用のラウンドブーケを作りました。(プライベートレッスンを利用して、本番用のブーケを講師とマンツーマンで完成させました。)
サーモンピンクのドレスに合せ、ビビッドなピンクのバラを中心に、グリーンは使わず、アジサイやミニバラを組み合わせました。
きらきら光る花型のオーナメントがアクセントです。
お友達にもとても気に入っていただけたそうです。
プリザーブフラワーを使えば事前に作成する事ができ、お式後のも保存可能なので、需要が増えています。
20070523130234.jpg



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。